G-Uke(ギタレレ)をレギュラーチューニングに!

2010.04.05(22:29)
ARIAから発売されている楽器で、G-Ukeという6弦ウクレレ(ミニギター)があります。
テナーウクレレに、さらに低い音(6A 5D)を追加したものです。

演奏するとこんな感じ。



見た目も綺麗で、作りもしっかりしてるし、良いな~と思って買ったのですが、
チューニングがADGCEA(ギターの5フレットにCapoつけた状態)なので
ロクに演奏できる曲がありませんでした^^;
(ルート音を5,6弦から拾っていけば良いって話ではありますが・・・)

っちゅーことで、
トラベルギターワールドさんを参考にして
レギュラーチューニング(EADGBE)のミニギターにしてしまう事にしました。


そこで、お出かけついでに某所のYAMAHAに寄って
店員のおっちゃんに「ギタレレをレギュラーチューニングにしたいんですけど・・・」
って、相談してみると。

おっちゃん「無理。無理だよ。俺もいろいろ試したけど、全然無理。テンションがきつすぎる。」

全否定。うわー。
いろいろ方法はあるけど、結局無理だからやめときな、との事。
うん、経験を踏まえてアドバイスしてくれるのはありがたいんですが、
なんか、馬鹿にされてるみたいで、いい感じの対応ではなかったなあ・・・^^;

まあまあ、それはおいて置いて。

そこで簡単に引き下がるオイラではありません。
とりあえず、失敗してもいいから、やってみる事に。

トラベルギターワールドで例に上がってるダダリオのEJ46の6弦はバラ弦でも500円!!
ケチッて、200円で売ってたちょっと硬めのYAMAHAのバラ弦を使う事に。


YAMAHA NS116



CA390002.jpg
弦を一本一本張り替えていきます。



そしてついに・・・



完成!!




545545.jpg
弦が3色になりました。


ガットギターの弦交換ってした事なかったんで、ちょっと粗い出来に^^;


54354.jpg
下手くそです^^;




実際に演奏してみると・・・???
なんか変な感じがします。

音程がですね、5弦<6弦なのですよ。
ウクレレみたいに、アップストローク、ダウンストローク
どっちでもハイキーな音から始まります。

こ、こんなハズでは・・・。

おまけに、店員のおっちゃんの言っていた通り
6弦のテンションがめちゃめちゃ高くて
G-Ukeがお辞儀しちゃいそうな感じ(ネック反り)です。


やらなきゃ良かった・・・困った。



途方にくれながら、6弦を緩めていく・・・

あー、やってもーたなあ。

これ直すの大変やなあ・・・。


・・・ん?


ふと気づくと・・・丁度良さそうな音が6弦から!


そうです、実はギタレレのレギュラーチューニングは、
6弦をちょっと緩めで使うのです。
トラベルギターワールドを良く読み直すと、書いてましたw

G-Ukeからギターの音色が!!
最初出来たとき、ちょっと、感動しました^^



で、実際にこいつで演奏してみたのがこちら↓




感想としては、
やっぱり、わかりやすいチューニングの方が
楽器と付き合いやすいですw

以前より愛着がわきました^^


YAMAHAのおっちゃん!見たか!!w
関連記事

Google広告(外部サイトに飛びます。)


ランキング
人気ブログランキング参加中。いつも応援、ありがとうございますm(_ _)m
<<動画の紹介:ジュピター(ウクレレソロ) | ホームへ | ライブ楽しかったです♪(押尾さんコピーで出撃)>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://atk01.blog3.fc2.com/tb.php/11-d3201d6d
| ホームへ |
プロフィール

あーとく

Author:あーとく
ウクレレを弾くときは鳥類に、ギターを弾くときは両生類に変身する。2011年押尾コータローを“演奏してみた”選手権でみかん缶にデコピンして優秀賞を受賞したラッキーボーイ。2度言うが、『ボーイ』である。現在は主にTwitter上にて活動中。
Twitter
YouTube
ニコニコ動画

検索フォーム

カテゴリ
月別アーカイブ